逆子と診断され

今日は、妊娠32週の検診でした。妊娠中は、ずっと体調もよくて大きなトラブルもなく来ていたので、今日の検診も問題なく終わると信じていました。しかし、医師から「赤ちゃんは元気に育っているんだけれど、逆子になってるね。」と言われてしまいました。一瞬目の前で暗くなって、「え〜、なんで?どうして?」と心の中でパニックになっていました。

 

逆子と言われて思い返してみると最近、お腹ではなくて膀胱を蹴られて、トイレが近くなったことに気づきました。あの時にはすでに逆子になっていたんだと茫然としました。
それでも、医師から「まだお腹には動き回れるスペースがありますので、直る可能性は高いですよ。逆子を直す体操を教えますので、やってみて下さい。」と言われました。
看護師さんから簡単な説明を受けて、体操が書かれた紙をもらって帰宅しました。

 

いつも病院に行くだけで疲れるのですが、今日は精神的にも良くないことを言われたんで、余計に疲れました。でも、なんとか逆子を直して、帝王切開だけは免れたいという一心で、早速体操をやってみました。この逆子体操が、お腹の大きい妊婦には結構辛いんです。両膝をついてうつぶせになって、おしりを高く持ち上げる姿勢を取るのですが、15分程度続けるんです。

 

時々、赤ちゃんが動くのが分かったので、「頑張って元の場所に戻って。ママも頑張るから。」と声掛けをしながらやりました。他にも自分でネットで逆子について調べてみました。
お母さんが冷え性だと良くないとか骨盤が歪んでいるから、赤ちゃんが居心地のいい場所を選んで逆子になっているという情報も得ました。逆子に効果のあるツボも見つけたので、これから押してみようかと思っています。