妊娠による体の変化

もともと子供が欲しいと思っていたので、妊娠5週目ですぐに妊娠していると分かりました。普段の生活と全く変わらないの妊娠希望をしていなかったらもう少し後に妊娠に気付いていたかもしれません。ちょうど私の周りで妊娠ラッシュの時期だったので悪阻の大変さは聞いていました。

 

「私ももうすぐ体調を崩してしまうんだ。。今のうちに料理のストックを作っておこう」とか考えていましたが、全く体調を崩すことはなく暫く元気に過ごしていました。食べ物にも好みの変化が出てきて、それまでは妊活を意識して野菜多めで肉と魚もバランスよく食べるようにしていたのに急に味の濃いものが食べたくなりました。

 

無性にラーメンや唐揚げが食べたくなったり、「今日はこれが食べたい!」と思うとそれ以外のものを食べる気が全く起こりませんでした。もともと野菜が大好きだったのに食べようとしても美味しいと感じなくなり、食べることを想像するだけでいやになってしまうなど、自分でも信じられない味覚の変化に驚きました。食欲はあったので、食べたいものをとりあえず食べるようにしていました。

 

だいたい12週目くらい、一般的には悪阻が落ち着くと言われている時期に私の体調は変化してきました。まずは便秘がひどくてお腹が張ってすごく気持ち悪かったです。便秘3、4日目くらいに腹痛が起こってお腹がをくだすような事が続きました。妊娠中なので市販薬も飲めないし、ネットで便秘に効く体操を見ても「こんなお腹をひねるような動きをして子供に何か影響があったらどうしよう」と思うと何も出来ませんでした。するとある日病院に行くと看護師さんから便秘薬があるけど飲みますか?と聞かれました。

 

妊娠中に飲める薬があると知らなかったので喜んで頂いて帰りました。病院でもらった薬を飲んでお腹の張りが解決したと思うと今度は食欲が急になくなるようになりました。もともと食は細いほうでしたが、普段の半分もご飯が食べれなくなり、胃がムカムカして吐き気がひどくなる前に食事を辞めてしまうのが2週間近く続きました。するとある日突然食欲が沸いてきて普段と同じように食べれるようになりました。自分でも体調の変化に戸惑いましたが、野菜も食べれるようになって妊娠前の食生活に戻る事が出来ました。