妊娠15週目つわり真っ只中

ようやく妊娠15週目に入りました。妊娠初期は全然つわりがなくて、もしかしたら自分はつわりのないタイプかもなんてなんの根拠もなく思っていたんですが、そんなことはありませんでした。
10週目は食べづわりで、何か口にしていないと気持ち悪くなる感じでした。でも、食べすぎるとそれはそれで気持ち悪くなるので、飴を舐めたり、小さいチョコレートを食べたりする程度で済んでいたので、そこまで体重が増えたりすることなく、これくらいで済むならありがたいなと思っていたほどです。

 

ですが、残念なことに、13週目くらいから吐きづわりが始まって、毎日何度も吐いています。食べてすぐに吐くと、本当にがっかりです。気持ち悪いのを我慢して簡単なご飯を作ったのに、すぐに吐くって、食材も調理に使った労力も勿体無く感じてしまうんです。ならば最初から食べなければよかったなんて思ってしまいますね。
でも、お腹は空くんです。何か食べたいと思うけれど食べられない。食べられたと思っても、数時間後に吐いたり。もう毎日ぐったりです。でも、少しだけ慣れてきました。吐くのは本当に嫌なんですが、吐きながらもなんとか日常生活を送るコツがつかめてきたんです。

 

まず、朝起きたらトイレで吐きます。胃液が出てくるんですよ。この胃液を出しておかないと、朝ごはんを食べても吐いてしまいます。胃の中にたまったものを出してから朝ごはんを食べると、ほとんどはかないことを発見したんです。朝ごはんは絶対に食べる派の私にとって、これは大発見で、大喜びしました。

 

あとは、とにかく食べられるものを食べることです。私の場合、5日おきくらいに食べたいもの、食べられるものが変わるらしくて、卵豆腐に始まり、杏仁豆腐、プリン、ツナマヨおにぎりをひたすら食べるという生活をしていました。面白いことに、5日すると食べたかったものが食べたくなくなるんです。本当は面白くないですけどね。面白いことにしないとやってられないんです。

 

そして、吐いた時のことを考えて、牛乳をはじめとした乳製品は食べないことです。牛乳って、吐く時絶対臭いし、さらに吐き気を催す気がするんですよね。なので、つわりが落ち着くまで乳製品は封印です。
吐いてばかりの頃はもう気持ちが沈んで仕方なかったんですが、ちょっとだけコツがつかめただけで気持ちが落ち着きました。

 

今の楽しみは、つわりが落ち着いた時に食べたいものをひたすら考え続けることです。ラーメン、カレー、イタリアンなどなど、考えるだけで楽しみです。いつかは終わるはずと、毎日自分を励ましているところです。
それから、エチケット袋を常に持ち歩くようにしています。路上で吐き気が襲ってきても、これで安心です。安心感があるだけで、精神的に落ち着きますよ。