予想外の悪阻 これがつわり!?

妊娠16週までリラクゼーションサロンで施術を担当するスタッフとして働いていたのですが、ストレスもかなり多く胃がキリキリすることが多くありました。しかも空腹になるとひどくなるので、これはもしかして胃潰瘍にでもなったのかと思っていたある日。後輩にそれ「食べつわり」ですよ!と指摘され、これがつわりだということを認識しました(^_^;)

 

つわりというのは吐いたり気持ちが悪くなるようなイメージだったので全く気付きませんでした。後から雑誌などで調べたところ、つわりはかなり個人差があり全くない人もいるそうです。でもひどい方は出産までずっと吐き気が続いたりするそうなので、私はまだ軽いほうらしく仕事もなんとか続けられました。

 

胃のキリキリを和らげる方法ははただ一つ、食べたい物を食べ空腹にしないということです。なのですこし空いた時間には干し梅やすっぱいグミを食べてなるべく空腹になる時間を減らし、乗り切りました。しかし、そのおかげで体重が明らかにお腹の子供以上に増加してしまったのは言うまでもありません。産婦人科の先生にはかなり怒られました…。

 

仕事を辞めてからはつわりもだいぶ落ち着きましたが、動かなくなった分更なる体重の増加が心配でした。なので毎日夕食を食べた後、夫と一緒に1時間のウォーキングをすることしました。歩くのはもともと嫌いではないので苦にはならなかったのですが、夕食の後というのがちょっと億劫で何度もサボってしまいたくなりましたが夫が率先して連れ出してくれたので続けることができ助かりました。

 

夕食後のウォーキングにも慣れたころには、平気で2時間は歩けるようになっていました。実家で出産するために帰省したので一人で夜のウォーキングは危ないということでやらなくなり、そのかわり昼間に最低1時間以上は歩くように心がけています。

 

産婦人科の先生にも言われましたが出産にはかなりの体力が必要らしく、切迫流産などの危険がない場合はたくさん歩いたほうがいいそうです。歩くようになってからは便秘も解消されたように思います。体重が気になる時期なのでうれしいです。妊娠中の便秘はよくないそうですよ。妊婦の便秘の解消方法はいろいろあるようです。参照>妊婦の便秘は治せます!妊娠中の便秘をスッキリ解消する方法http://xn--u9jc161vqgip5ac17j.com/たくさん歩いて体力をつけて、これから出産するのが待ち遠しいです!